意外な組み合わせも楽しい! プラスして素材を活かすフレーバーの魅力
出典 : ILEISH ANNA/Shutterstock.com

意外な組み合わせも楽しい! プラスして素材を活かすフレーバーの魅力

定番の食べ物に新たなおいしさをプラスしてくれる「フレーバー」。バラエティ豊かな香りと風味が楽しめる食品、食べ方を紹介します。

  • 星田陽光

料理のバリエーションが広がる フレーバーソルト

料理のバリエーションが広がる フレーバーソルト

Kerdkanno/Shutterstock.com

塩にスパイスやハーブを加えた「フレーバーソルト」は、肉や魚を焼くときに振りかけるだけで味に深みや香りを加えられる調味料。市販の商品でも使いやすいものが多くありますが、自分好みのフレーバーソルトを手作りする人も増えています。

使い勝手がいいのは、塩にレモンを加えた「レモンソルト」。レモンの皮をみじん切りしたものを塩に混ぜ、電子レンジで20秒ほど加熱。一度取り出してよく混ぜてからさらに20秒ほど加熱して、粗熱がとれたら瓶などに詰めて保存します。レモンの皮の香りとほんのりとした苦味が料理のアクセントになります。肉料理はもちろん、サラダやスープ、お酒に加えてもおいしくいただけます。

ほかにも、カレーに使われる「クミン」を入れる「クミンソルト」や乾燥バジルを刻んで入れる「バジルソルト」なども、手軽に作れてオススメです。
素材の味を引き立ててくれる「フレーバーソルト」があれば、料理の幅も広がりそうですね。

新しい味も登場 人気のフレーバーコーヒー

新しい味も登場 人気のフレーバーコーヒー

Aleksandr Lupin/Shutterstock.com

シナモンやバニラ、ヘーゼルナッツ、フルーツなどの香りづけをしたフレーバーコーヒー。1980年頃、アメリカでコーヒー豆にフレーバーを加えて焙煎する方法が考案されたのが最初なのだそう。砂糖を加えなくても甘い香りが楽しめるとあって、体重管理をしている人の間でも人気です。


最近ではコーヒーショップや通販などでもフレーバーコーヒーを購入することができます。作り方は焙煎したコーヒーに香りづけしたものや、香りづけした豆を焙煎するなど、さまざま。手軽に香りのいいコーヒーが楽しめると人気になっています。

さらに、もっと簡単にフレーバーコーヒーを味わいたいという人には、ドリップしたコーヒーに入れるだけで香りづけができる「フレーバーシロップ」がオススメ。

通販などでも買えるのが、フレーバーシロップのブランド「ダヴィンチグルメ」。厳選された原材料を使用し、一種類ずつ丁寧に作られています。
コーヒーによく合う、キャラメルやヘーゼルナッツ、少し変化球のミントやキウイなど香りのバリエーションも豊富なので自分好みのものが見つかるはず。コーヒーだけでなくカクテルなどにも幅広く使えるのも魅力です。

Da Vinci Gourmet (ダ ヴィンチ グルメ) シロップ

「Da Vinci Gourmet  シロップ」の詳細はこちら

お煎餅もフレーバー? 話題のおしゃれお煎餅

お煎餅もフレーバー? 話題のおしゃれお煎餅

今、お煎餅もフレーバー系が注目を集めています。「SENBEI BROTHERS」は、東京・江戸川区にある笠原製菓4代目の兄弟が手がけるお煎餅のブランド。国産うるち米100%のお煎餅にさまざまな味付けをしているのですが、そのフレーバーがとてもユニーク。バジルやトマト、チェダーチーズなど、従来の和のイメージを覆す味が並び、ワインなどお酒のお供にもおすすめです。

煎餅職人の弟さんが製造し、デザイナーのお兄さんがパッケージデザインと販売を担当。「せんべいを、おいしく、かっこよく。」というキャッチフレーズのとおり、ユニークなフレーバーと、お兄さんによる外国のお菓子のようなパッケージが、女性の間で評判に。お煎餅のフレーバーは20種類以上用意されています。

フレーバーは「たまりしょう油」や「極みわさび」などのベーシックなものから「チョレギ」「ビーフジャーキー」「スモーキーイタリアン」など変わり種まで20種類以上。
いわゆるお煎餅とはひと味もふた味も違うラインナップで、新しい発見が満載です。

工場での直販や催事、ネットショップで商品を購入できますが、弟さんがひとりで製造しているため、現在は品薄状態。ネットショップでは1~2か月の待ち状態が続いているほど。
おやつとしてだけでなく、おつまみにもぴったりの味なので、人気になるのもうなずけますね。

「SENBEI BROTHERS」詳細はこちら

「あったらいいな」が実現! キットカット いちごティラミス味

「あったらいいな」が実現! キットカット いちごティラミス味

ミネラルウォーターやコーヒー、お煎餅といった広く親しまれている食品も、さまざまなフレーバーと組み合わせることで、新しいおいしさが生まれます。人気の「キットカット」にもストロベリーや抹茶など、さまざまなフレーバーがあり、特定の地域のお土産や季節にしかお目見えしないものも。

さらに2018年11月、『キットカット』の日本上陸45周年を記念して行われた世界総選挙で、NO.1フレーバーに輝いた『キットカット いちごティラミス味』が登場します。世界各国のスイーツや、過去に発売した『キットカット』のなかから選りすぐった21のフレーバーがエントリーしたなかで、宇治金時やオレンジリキュール、わさびチーズなどのライバルを押しのけて、もっとも多くの支持を得たのがいちごティラミス味でした。

『キットカット』の数ある定番フレーバーのなかでも高い人気を誇るストロベリーと、すっかり日本で人気が定着した感があるティラミス。「この組み合わせは絶対ハズさない!」という、投票者の後押しを受けての堂々NO.1です。

『キットカット いちごティラミス味』の詳細はこちら

定番の食べ物でも、プラスすることでバリエーションが広がるのがフレーバーの魅力。いろいろな味を選ぶ楽しさを体験してみてくださいね。